「彼女の華やかなベルカントは、
並外れた高音域の楽譜に <声楽の伝統> という光を当てた。」

K. G. Koch, ベルリン新聞

News

角田祐子ソプラノリサイタル・ピアノに菅原幸子を迎えて

青山バロックザール イン 京都

2019年 5月18日

角田祐子 ソプラノ
菅原幸子 ピアノ

バロックオペラ、モーツアルトから現代音楽まで。

『聴衆の1番のお気に入り』また『名バイプレーヤー』という高い評価のもとドイツの歌劇場専属契約を17年更新し、またその傍ら現代音楽への取り組みにも熱を入れてきた角田のとっておきのプログラムを、ドイツ現代音楽界の今や重鎮として演奏、教育活動を行う菅原幸子を迎えて演奏する。